会社案内|株式会社龍球インク

企業理念

琉球の誇りを胸に

琉球王朝の「大交易時代」において、かつての沖縄人が有していた「フロンティアスピリッツ」や「グローバリズム」といったものを、現代の沖縄にて「沖縄から世界へ」をキーワードにインターネットを用いて体現、沖縄の人々や経済に活力と勇気を与える。

ビジネスと癒しの両立を

現代日本で深刻な社会問題となっている「うつ」をはじめとした心の病を少しでも軽減したいという思いから、自然の恵みや人のぬくもり豊かな沖縄において自ら「ビジネスと癒し」が両立できることを証明し、日本社会に対して新しいビジネススタイルやライフスタイルを提案する。

[画像]琉球王国大交易時代の進貢船

モットー

なんくるないさ

当社のモットー「なんくるないさ」とは、 沖縄方言で言うところの“Let it be”“Que sea sera(ケセラセラ)”。

何事も焦らず頑張っていれば、あとは時が解決してくれるさ、という究極にポジティブな言葉です。

日本語での「なんとかなるさ」という直訳では、このニュアンスはとうて伝えられません。

右の書は今をときめく書道家、武田双雲さんに書き下ろしていただいたものを、当社起業のお祝いとして株式会社アジャスト渡邊会長よりプレゼントしていただきました。

[画像]武田双雲さんに書き下ろしていただいた書

会社概要

沖縄県立芸術大学と同窓生・関係者のみなさんをデザインの力で支援!

社名
株式会社 龍球インク
所在地
〒901-2211 沖縄県宜野湾市宜野湾3-10-18 G・クレド603
連絡先
TEL : 098-896-2050 FAX : 098-896-2051
設立
2005年11月24日
資本金
230万円
役員
  • 代表取締役:真喜志 康一
    (沖縄県立芸術大学美術工芸学部デザイン専攻8期生/非常勤講師/同窓会役員)
  • 取締役:安村 淳
  • 取締役:與儀 勝之
    (沖縄県立芸術大学美術工芸学部デザイン専攻9期生)
  • 監査役:真喜志 実
従業員数
1名(2013年4月現在)
主な業務内容
  • WEBサイトの企画・制作・運営・コンサルティング
  • 広告媒体の企画・制作・コンサルティング
主要取引先

沿革

龍が沼の淵に潜むは、期を待ち天に昇らんが為 —横山光輝 著「三国志」より

2005年11月
沖縄県沖縄市にて設立
2007年8月
CSS Nite in OKINAWA "SUMMIT 2007"開催
2008年1月
沖縄県宜野湾市に移転
2008年7月
CSS Nite in OKINAWA 2008開催
2009年7月
CSS Nite in OKINAWA 2009〜ビギナーズ〜開催
2009年9月
iPhone app「大藤幹のHTML/XHTMLタグ辞典」リリース
2013年3月
沖縄県立芸術大学ウェブサイトリニューアル
2013年4月
沖縄県立芸術大学専門のデザイン制作会社として特化

社名の由来

天に舞う、龍が如く

社名には琉球王国の伝統誇りを受け継ぎ、後世に伝えたいという思いから「りゅうきゅう」という響きを持つ漢字を用いておりますが、「琉」が「龍」となっています。
社名を決めるに当たっては、まず「琉球」という語源についてきちんと調べるところから始めました。
すると、「琉球」という漢字に落ち着いたのは明治以降と比較的新しく、それ以前は「流求」「流鬼」「瑠求」など、さまざまな漢字が用いられていたということが分かりました。

また、語源やそれぞれの漢字の成り立ちについても諸説あることが分かりましたが、ここでは社名として採用した説のみをご紹介させていただきます。

「琉」…昔、冊封関係にあった中国の役人が船上から琉球列島の島々を見た際「小さな龍のようだ」とたとえた。
東洋における龍は神と崇められ、ここ沖縄においても信仰の対象であった。

「球」…琉球王国最初の王統であった天孫氏が海に棲む「蛟」(みずち/龍の幼生)の一種である「チュウ」を倒して海に流したことから島にその名が付いた。 また、その時に蛟の上下の顎から取り出した玉(ぎょく)の名が「琉」と「球」であったという説も。

このことから、伝統と誇りを受け継ぎながらも、龍の力にあやかり、新しい時代を切り拓くという思いを込めて「龍」という一字を置き換えて社名としました。

「インク」は、北は朝鮮、日本から、南はフィリピン、インドネシアまで東南アジア全域を股に掛けて壮大なスケールでの大交易を行っていた琉球人のように、世界を股に掛けて活躍できる会社となれるようにという思いで、米国圏にて会社を表す言葉「Inc.(Incorporatedの略)」を社名の一部として採用しました。

ロゴマークデザインコンセプト